全国聾学校絵画展
の開催
ホームへもどる
  1. 最新情報 
  2. FM補聴システムの貸し出し 
  3. 聴覚障害教育用DVD制作・領布
  4. 出版物の刊行 
  5. 移動母子教室の開設 
  6. 「聴覚障害児を育てたお母さんを たたえる会」の開催
  7. 全国聾学校合奏コンクールの 
     開催

  8. 全国聾学校絵画展の開催 
  9. 全国聾学校作文コンクール 
  10. 読字力検定試験の実施 
  11. 法律相談
  12. 聴覚障害教育関係資料収集事業
  13. 会報「ひびき」の発行 
  14. 定款(pdf形式)
  15. 事業案内(実施要項)(pdf形式)
  16. アクセス(地図)(pdf形式
ホームへもどる
令和元年度 第24回絵画展受賞者作品表 へのリンク
令和元年度 第24回絵画展受賞者一覧表へのリンク
平成30年度 第23回絵画展受賞者一覧表へのリンク
平成30年度 第23回絵画展受賞者作品表 へのリンク
平成29年度 第22回絵画展受賞者一覧表
へのリンク
平成29年度 第22回絵画展受賞者作品表 へのリンク 
平成28年度 第21回絵画展受賞者一覧表
へのリンク
平成28年度 第21回絵画展受賞者作品表へのリンク
8.全国聾学校絵画展の開催
 開催趣旨
  聴覚障害児の絵画による表現力を高め、豊かな情操と創造力を養う培うために、
 全国の聾学校幼児・児童・生徒の作品展
を開催しあわせて広く一般社会に対する
 理解を深めることを
ねらいとしています。

 後 援
 
  文部科学省、全国聾学校長会、全国聾学校PTA連合会、
     
 
 令和元年度 第24回全国聾学校絵画展審査会の様子
                  R1.7.27 東京都 南大塚 福祉財団ビル


平成30年度 第23回全国聾学校絵画展表彰式の様子

  
平成30年11月26日第23回全国聾学校絵画展金賞・文部科学大臣賞の表彰式が東京都立葛飾ろう
 学校体育館で行われました。全国からの約499点の応募の中で最高賞に輝いたのは、葛飾ろう学校中学
 部3年の北澤倭さんでした。表彰式には本協会の山東昭子会長、小・中・高等部児童・生徒、教員・保護者
 が出席し、東京都教育委員会からも井原優統括指導主事と瀬尾泰広学校経営支援主事にご出席をいた
 だきました。山東会長から金賞の賞状と楯、記念品が授与された後、校長室で記念撮影を行いました。
 北澤倭さん、文部科学大臣賞受賞おめでとうございます。
  なお、個人情報保護のため許可なく転載することは禁止とさせていただきます。よろしくお願いします。


                  H30.11.26 東京都立葛飾ろう学校

             
 応募条件
  • 全国聾学校に在籍する幼児・児童・生徒の絵画作品(版画を含む)で未発表のもの。
  • 画題は自由とする(10字以内)
  • 作品は画用紙四つ切を使用し、これに満たない大きさの作品は、四つ切の大きさの台紙に貼付する。
  • 作品は一人一点とし、応募票(別紙様式)を作成し、作品裏面の右下に貼付する。
  • 各学校毎に作品を一括とりまとめのうえ、応募目録(別紙様式)を添えて、当協会事務局へお送り下さい。
※ 応募票等関係資料は4月下旬に全国聾学校・聴覚特別支援学校へ送付いたします。
 応募期間
 
  
令和元年7月8日(月)〜7月19日(金)

 表  彰
 最優秀賞 2点(幼小、中高 各1点)
       (内1点は、文部科学大臣賞)
 優 秀 賞 14点(幼小、中高 各7点)
 佳  作  50点(幼、小、中、高から )
 入選作品(最優秀賞・優秀賞・佳作)には賞牌又は賞状
 を贈る。
 作品の展示
 最優秀賞、優秀賞作品は、令和元年10月17日(木)〜18日(金)の2日間、
 第53回 全日本聾教育研究大会会場(高岡大会)において展示します。

 審査委員
  委員長   矢澤 健太郎(新制作協会会員)
  委 員
  錦織 重治(示現会常務理事・日展会員)
  木脇 康一(洋画家
  竹内  一(新制作協会会員・日本美術家連盟会員)
  松本 末男(聴覚障害者教育福祉協会)   
  ※ 審査結果は、9月上旬に通知し、作品も返却いたします。